スポンサーサイト

  • 2010.06.18 Friday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


<自民>16日に内閣不信任決議案提出方針固める(毎日新聞)

 自民党は15日、内閣不信任決議案を16日に衆院に提出する方針を固めた。民主党が衆参両院での予算委員会開催提案を撤回したのを受け、不信任案の討論で政府・与党の国会運営の不当性を訴える。自民党など野党7党は参院側でも菅直人首相や事務所費問題を抱える荒井聡国家戦略担当相に対する問責決議案を提出する方向で調整している。

 野党は15日の国対委員長会談で、予算委で菅首相への質疑を行うため会期を25日までの9日間延長するよう衆参両院議長に申し入れることを決めた。だが、民主党の譲歩は見込めず、15日の自民党総務会では「単独でも不信任案を出すべきだ」との強硬論が大勢を占めた。

 「参院選を控えた議員を問責決議案の採決で拘束できない」と難色を示していた参院自民党も、党内の足並みの乱れが露呈するとかえってマイナスと判断し、衆院側に同調する見通しだ。江田五月参院議長の不信任決議案も検討している。

 一方、自民党の谷垣禎一総裁、公明党の山口那津男代表、たちあがれ日本の平沼赳夫代表は15日、東京都内のJR新宿駅西口でそろって街頭演説し、「民主党は選挙を優先させて国会を閉じると一方的に通告してきた。首相が代われば予算委員会を開くのが筋だ」などと政府・与党を批判した。【塙和也、木下訓明】

【関連ニュース】
参院選:閣僚もあやかりたい? はやぶさ、日本代表快勝
菅内閣:金融・郵政担当相に自見氏 発足3日で閣僚交代
菅首相:「官僚の経験、知識は活用」鳩山政権の反省踏まえ
毎日新聞世論調査:菅内閣の高支持率 民主に早期参院選論
毎日新聞世論調査:菅内閣の支持率 66%の高率に

帆の展開、すべて成功=宇宙ヨット「イカロス」(時事通信)
財務副大臣に池田氏起用へ(産経新聞)
酪酸の成分、オレンジジュース程度と認識(産経新聞)
早稲田大 新総長に鎌田薫・法学学術院教授を選出(毎日新聞)
「逃げる」民主 「追えぬ」野党 首相54議席以上を視野  (産経新聞)

民主新執行部 党運営刷新で「脱小沢」アピール(産経新聞)

 菅直人首相と民主党の枝野幸男幹事長は8日、さっそく小沢一郎前幹事長が敷いた政権体制の刷新に乗り出した。「小沢支配」からの脱却を掲げたことが高支持率につながったこともあり、参院選に向けさらに大なたを振るう構えのようだが、「悪役」に仕立てられた小沢氏の支持勢力は収まらない。「変化」をアピールするほど党内の不協和音が広がる構図からはなかなか抜け出すことはできない。(佐々木美恵)

 「政権党である民主党の役員会は、閣議とならんで国政を預かる責任ある場だ。私もできるだけ顔を出したい」

 首相は8日午前、党本部で開かれた党役員会の冒頭で党役員会への出席を明言した。

 鳩山由紀夫前首相は小沢氏に「首相は天下のことをやらなきゃならない。党会合に出ることはない」と言われ、党役員会に出席しなかった。これにより鳩山前首相は党務への発言権が奪われ、「政府与党一元化」と唱えながら、政府と党の分離が進んだ。

 菅首相の発言はこの流れを断ち切る強い意志が込められていた。

 党運営の見直しはさらに続く。枝野幸男幹事長は前政権でめったに開かれなかった政府民主党首脳会議を出席者を幹事長代理クラスまで広げ、定例化する方針だ。幹事長室への陳情一元化も「利権的な誤解を招く部分があった」と見直す考えを示した。

 さらに、枝野氏は首相との連携を密にするため、首相官邸にも党幹事長室を新設する意向を固めた。小沢氏が国会内の幹事長室に陣取り、政府・与党ににらみを効かせたのとは対照的な風景となる。

 廃止された党政策調査会も早期に復活。玄葉光一郎政調会長(公務員制度改革担当相)は「いよいよ再出発だ」と抱負を語った。

 静岡県連など前執行部に批判的な団体・候補に停止されていた活動費は支給再開も決めた。小宮山洋子財務委員長は「へこんでいるところは元に戻す。公平にやる」と表明した。

 党運営方針の相次ぐ刷新は首相や枝野氏の求心力を高めることは間違いないが、小沢氏が権力強化に向けて敷いた制度を見直すことは党執行部の弱体化にもつながる。

 しかも小沢氏ら前執行部のメンツを失わせることにもなる。小沢氏に近い若手は「小沢氏が“無血開城”したのには理由がある」と語り、さっそく参院選後の報復を匂わせた。

【関連記事】
菅内閣発足 参院選に全力 60議席が勝敗ライン
菅首相会見 初日から「守り」の姿勢 「逃げる」晋作!
尖閣諸島「領有権問題存在しない」 政府が答弁書を閣議決定
「官邸こそ修行の場」 菅首相、お遍路後回し
電撃的な首相退陣劇の裏で何が…

奥田民生の“宅録”音源が3 時間30 分後にケータイで聴ける!10 回連続企画の第1 弾は「最強のこれから」 株式会社レコチョク
国会会期「延長しないといけない」=菅氏側近(時事通信)
安売り飲料自販機全国に拡大中 80円、50円、10円、そして無料
ゲイ擁護団体GLAADメディア賞、ドラマ部門に「ブラザーズ&シスターズ」
<殺人再現実験>捜査員が振り落とされ役 スタントマン断念(毎日新聞)

民家火災で女性の遺体 千葉・富津(産経新聞)

 29日午前7時50分ごろ、千葉県富津市千種新田の無職、徳島由美子さん(56)方木造平屋建て住宅から出火、約50平方メートルが全焼した。焼け跡から徳島さんとみられる遺体が見つかった。

 富津署によると、徳島さんは市立中学3年の二女(14)と2人暮らし。二女は寝ていたところを徳島さんに「火事だから外に逃げろ」と起こされ、無事だった。

 同署は、徳島さんが猫を10匹ほど飼育していた部屋が出火場所とみており、原因を調べている。

【関連記事】
千葉の放火殺人 ストーカー男の娘も関与
横浜で団地火災、2人死亡 車いすの妻と夫か
なぜ?順風な一家に何が… 伊勢崎市の全焼火災
高1がアルコールに火をつけ遊んでいたら住宅火災
「生きているのがいやになった」 自宅に放火容疑で逮捕

代替滑走路8月末にも工法決定=日米合意文書に期限明記へ―普天間(時事通信)
口蹄疫対策で種牛移動=熊本(時事通信)
赤松農水相、30日にも宮崎入り(時事通信)
出生率は前年並み1.37=4年ぶりに上昇止まる―厚労省(時事通信)
<「猫に餌やり」訴訟>加藤元名人、控訴を断念(毎日新聞)

宮川大助、花子さん 米子で大山ウオークPR(産経新聞)

 お笑いタレントの宮川大助、花子さんらが26日、鳥取県米子市を訪れ、今年で10周年を迎える「大山と遊ぼう!大助・花子の健康ウオーキング大会」をPRした。秋の大山を宮川さん夫妻と歩く大会は平成13年から続けられており、今年は10月2日に開かれる。

 長女のさゆみさんや弟子らと同市役所を訪問した大助さんは、野坂康夫市長らに「大会の時期にはコスモスの花がきれいで、この10年本当に楽しんだ」と語り、脳梗塞(こうそく)で倒れた19年には参加できずにバスで待機したエピソードを披露。花子さんも「みんなが『おかえり』と迎えてくれるのがうれしい」と話した。

 大会は、12年に起きた県西部地震の被災者を元気づけようと、同県境港市出身の大助さんが提案。賛同した自治体や企業などが実行委を結成して開いている。

 今年は、例年の10キロ、4・5キロの2コースに加え、2・5キロコースも新設。9月24日までに申し込めば参加費2千円。当日参加は2500円。問い合わせは大会実行委((電)0859・37・2311)。

【関連記事】
城東署一日署長の宮川花子さん、高齢者交通安全大会に参加
鬼太郎たちが中部空港に 鳥取県が観光宣伝活動
鳥取砂丘 「砂の惑星」に降り立った
「男女平等度」1位鳥取、最下位は埼玉!? 東北大教授が算出
住雲寺のフジ見ごろ 鳥取県大山町
虐待が子供に与える「傷」とは?

「アトラス 迷宮のボルヘス展」妻のマリアさん来日(産経新聞)
タクシー運転手遺体、強盗殺人として捜査 神奈川・平塚(産経新聞)
子ども時代の体験重要=やる気、生きがいと関連―青少年機構(時事通信)
「絶対勝てる」偽パチンコ攻略法で詐取 1億円超被害か(産経新聞)
<八街殺人放火>「鉄パイプで殴り、刺す」…2人に逮捕状(毎日新聞)

地元洋画家の生家を復元=福岡県久留米市〔地域〕(時事通信)

 久留米市が復元を進めていた市出身の洋画家、坂本繁二郎(1882〜1969)の生家が完成し、公開が始まった。老朽化していたが、市が解体後、痛んだ部分を補強、修理して坂本が20歳ころに住んでいた当時の姿を再現した。
 代表作「放牧三馬」で知られる坂本は旧久留米藩士の子として生まれ、20歳で上京後、二科展の創設に参加。「放牧三馬」などの代表作で知られる。
 生家は、江戸後期から明治にかけて建築された市内に残る唯一の武家屋敷で、2002年に所有者から市に寄贈された。月曜日休館(月曜が休日の場合はその後の平日休館)で、入場料は一般200円、小中学生100円などとなっている。 

【関連ニュース】
〔地域の情報〕県庁正門にミニ「熊本城」が登場-熊本県
〔地域の情報〕法被姿で歌舞伎祭アピール=石川県小松市
〔地域の情報〕壮大に広がる藤棚=福岡県八女市
〔地域の情報〕30周年目の朝市オープン=仙台市
〔地域の情報〕「萌えキャラ」電車、出発進行=北陸鉄道石川線

<葬儀>小掛照二さん=元JOC委員会 14日、東京で(毎日新聞)
PC転売で4千万円詐取 電気機器開発会社の元社員を逮捕 (産経新聞)
「四面楚歌」鳩山首相 それでも擁護する人の論理(J-CASTニュース)
<茨城男児遺体>体に複数の打撲痕(毎日新聞)
「アバター」海賊版DVD販売で男を逮捕(産経新聞)

派遣社員遺族の請求棄却=自殺、うつ病認定されず−仙台地裁(時事通信)

 仙台市の派遣社員赤坂貴志さん=当時(29)=が自殺したのは長時間労働と恒常的な夜勤が原因として、母優子さん(57)が派遣先の佐川急便(京都市)と派遣元の羽田タートルサービス(東京都大田区)を相手に計約9300万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、仙台地裁(足立謙三裁判長)は20日、請求を棄却した。
 足立裁判長は、自殺直前に訴えていた体調不良は内科的なもので、原告側が主張するうつ病ではないと指摘。体調不良について「業務起因性は認められない」とした。
 訴状などによると、赤坂さんは羽田社に入社後、2000年7月に佐川急便東北支社に派遣され宅配荷物の仕分けに従事していたが、06年3月に自宅で首をつり自殺した。亡くなるまでの5年間の月平均残業時間は約100時間で、亡くなった3月には十二指腸潰瘍(かいよう)と診断された。
 優子さんは06年12月、仙台労働基準監督署に労災申請したものの不支給決定処分を受けた。しかし、厚生労働省労働保険審査会は昨年7月、処分を取り消し労災を認める裁決をした。
 佐川急便広報部の話 当社の主張が認められたと考えている。 

彼女の酒乱にキレて殴り「逮捕して…」と110番(スポーツ報知)
来月15日に日中韓外相会談(産経新聞)
【高速道路新料金】前原国交相反論「方針通り進める」(レスポンス)
<普天間>政府が徳之島に移設先初打診 3町長は面会拒否(毎日新聞)
高速新料金再見直し「無料化と矛盾させない」と首相(産経新聞)

タクシーに無賃乗車、さらに売上金盗む 男子高校生ら3人逮捕(産経新聞)

 タクシーに無賃乗車した上、車内にあった売上金を盗むなどしたとして、警視庁少年事件課と大井署は、詐欺と窃盗の疑いで、いずれも東京都品川区に住む16歳で、都立高2年の少年2人と、とび職の少年の計3人を逮捕した。同課によると、3人は「遊ぶ金が欲しかった。これまで同じ手口で2〜3回やった」と容疑を認めているという。

 逮捕容疑は1月31日深夜、同区東品川の路上で、料金を支払う意思がないのに「自宅に戻れば現金がある」などとうそを言ってタクシーに無賃乗車。約3キロ離れた路上で降車後、男性運転手(62)を車外に誘い出し、車内にあった現金約3万円を盗んだとしている。

 3人はタクシーの事件で2月に逮捕された後、自転車を押して歩いていた無職女性(66)から、バイクで追い抜きざまに現金1万1千円が入った手提げかばんをひったくったことも分かり、今月8日、窃盗容疑でも再逮捕された。

【関連記事】
横浜〜福井、タクシー運賃15万円踏み倒す 無職の38歳逮捕
出雲−下関、7万無賃乗車 詐欺容疑で男を逮捕
歌舞伎町〜岐阜タクシー無賃乗車 70歳12万円詐欺容疑
タクシーに無賃乗車でテレ朝プロデューサー逮捕
無賃乗客追いかけ?タクシー運転手が急死
外国人地方参政権問題に一石

里見2冠苦戦!?ファンとも対局…女流棋士親睦会(スポーツ報知)
「住宅エコポイント」窓の断熱に人気 店や自治体、独自の動きも(産経新聞)
個人差大きい加齢による体形変化 ワコール人間科学研究所調査(産経新聞)
監禁容疑で10人目逮捕=公園前路上の男性遺体−警視庁(時事通信)
同一略称、止める手だてなし=新党たちあがれ「日本」使用で−原口総務相(時事通信)

中国青海省、倒壊の小学校 寒さ・機材不足に焦り(産経新聞)

 【北京=矢板明夫】14日に大規模な地震に見舞われた中国青海省玉樹チベット族自治州には、医療チームが次々と到着した。30時間ぶりの救出劇に沸いた現場もあるものの、救助活動は難航しており、建物が倒壊した小学校では焦りもにじむ。余震が続く中、帰宅できずに広場に集まっている住民は数千人に上り、健康状態の悪化も懸念されている。

 「30人以上の子供が死んだ。もう暗くなり、これ以上作業できないかもしれない…」。玉樹県第3完全小学校のニマジャンツエ校長は涙声で、中国紙、青年時報の取材に応じた。

 18棟の平屋建て教室はすべて倒壊。朝早く登校し、予習中だった児童約300人が生き埋めになったと推測される。鉄やコンクリートを切断する機材がなく、教師や保護者らはほとんど手作業で救出作業を続けている。14日夜までにがれきの下から61人の児童を運び出したが、うち34人の死亡が確認された。

 14日深夜から15日にかけて、中国各省から派遣された救助、医療チームが空路で次々と到着した。

 15日正午過ぎ。県中心部にある西北牛ホテルで、生き埋めとなったホテルのスタッフら4人が、地震後約30時間ぶりに救援チームに救出された。「大丈夫か」「ゆっくり、ゆっくり」。被災者が引っ張り出された瞬間、現場は救助隊員の叫び声とともに、大きな歓声と拍手が沸き起こった。

 「夜の温度は0度以下になる。外で過ごすのは本当につらい」。自宅が倒壊した女性は中国メディアに訴えた。余震が続く中、玉樹県の中心部広場などに数千人の市民が集まり、夜も帰宅できないでいる。水とお菓子などが配られているため、現時点で食料の心配はないが、寒さは一番の大敵とされ、家族が身を寄せ合っている姿があちこちでみられるという。

 被災地は海抜4千メートルの高原地域で、風邪をひけば肺炎になりやすく、命を落とす危険もあると指摘されている。ある医療スタッフは中国メディアに、「テント、布団、医薬品…。いまはあらゆるものが足りない」と訴えていた。

【関連記事】
中国、日本の援助隊派遣を断る 「外国の援助は受けない」
中国青海省地震 国際救援で被害最小化を
温家宝首相、被災地入り 中国地震
中国の余震600回超す うち4回はM4.0以上
チベット仏教の寺院も倒壊、僧侶2人が死亡
外国人地方参政権問題に一石

首相動静(4月17日)(時事通信)
橋下知事代表“維新の会”が政治団体を届け出 さらに拡大も(産経新聞)
「普通なら退陣でしょう」 普天間問題、迷走する鳩山政権(産経新聞)
社会福祉法人の経営状態判定のチェックリストなど導入へ―東京都(医療介護CBニュース)
普天間移設 辺野古浅瀬案、提案へ 政府、米側に苦肉の策(産経新聞)

竹原・阿久根市長に聞く 「敵は組合と組合に結託した議員」(産経新聞)

 市議会への出席拒否やブログの記載内容で物議をかもしている鹿児島県阿久根市の竹原信一市長(51)が、産経新聞の単独インタビューに応じた。竹原市長は、市議会や職員労働組合が市政改革の「妨害勢力」だとし、今後も対決姿勢を貫くことを強調。一部報道機関に対する庁舎内での取材規制についても、当面継続する方針を示した。

 全職員の給与明細を公開し、収入面での「官民格差」是正を訴えている竹原市長は「職員組合は『市長の言うことはウソだ』と主張している。敵は職員組合と、組合に結託した議員だ」と持論を展開した。

 新聞・放送5社に庁舎内の撮影を許可制にすると通告した理由については「うそを書いたり、記事の内容と関係ない写真を使って印象操作をしたりした」と説明。今後については「今どうするかを言うとメディアが対応を決めてしまう。少しお行儀がよくなったら考える」などと述べた。(松本学、力武崇樹)

                   ◇

 竹原信一市長との主なやりとりは以下の通り。

 −−「妨害勢力の議員を排除する」とは具体的には

 「その言葉による効果を狙った部分もある。もろに妨害行為を行った場合には厳しく処理すると表明することで、妨害勢力の一員がそうでなくなるかもしれない。そういうやり方だ」

 −−市長も市議出身だが

 「(市議時代に)手数料値下げ条例案などを出したが、『こいつばかりにいい格好させるわけにはいかん』と否決された。議論ではなく感情や損得で決めるのが議会の現実だ。(3月に議会側に要望した)議場で市民の録音を認める措置も、聞き捨てならないことが録音で残されてしまうから拒否されたのだろう」

 −−立場が近い首長は

 「首長はみんな、内心では議員を基本的にバカにしている。ただ、勇気がない、変えられないだけだ」

 −−6月議会への対応は

 「ちゃんと提案はする」

 −−給与公開で住民サービスへの意識は高まったか

 「市民からは『すごくよくなった』という声も聞くが、そんなことで喜ぶ気持ちはない。当たり前のことだ。最初に給与を公開したときに職員組合は『そんなに(民間と)差はない』と訴えるチラシを配った。『職員の給与はひどい(高い)』というコンセンサスを作っていく必要がある。これは阿久根市だけの問題ではないはずだ」

 −−ブログで「高度医療のおかげで以前は自然に淘汰(とうた)された機能障害を持ったのを生き残らせている」と書いた真意は

 「医療の金もうけのために無理やり生き延びさせる作業をすると、見守らなければならない人たちに苦しみを与えてしまう。そういうことに痛みを感じることのできない人たちによって医療が行われてしまっている。障害者や障害者と一緒に暮らしている方から『発言に同意する』という声も届いている。重い問題だが、避けて通ることが命を大切にすることではない」

 −−地元に信頼し取材を受ける記者はいるか

 「テレビ局に3人いる」

 −−新聞記者はいない

 「新聞はものの考え方を単純化して見出しでおもしろくしようとする。頭が自動的にそういう回転をするのかな。市長なんかより大きな影響力があることを自覚していない」

 −−市民にメッセージを伝えられなくなるのでは

 「市広報誌で毎月コラムなどを書いているし、防災無線も市民懇談会もある」

鳥取市長に自公推薦の竹内氏が3選 民・社推薦、共産支持の新人破る(産経新聞)
<切断両腕>諸賀さんと断定 福岡県警(毎日新聞)
橋下知事が昨夏の各党マニフェスト採点を公表 民主党に「高くつけすぎた」(産経新聞)
「サミット以上に厳しい警備」=APEC対策委で副総監−警視庁(時事通信)
国会議員「仕分け人」8人を発表=社民も参加−第2弾(時事通信)

「来恋みこし」来ないギャル ハッピ姿恥ずかしい? 滋賀・草津宿場まつり(産経新聞)

 滋賀県草津市の旧東海道沿いで25日に開かれる「草津宿場まつり」の呼び物として、昨年から企画された女性みこしの参加者が集まらず、主催者が困惑している。約40年続く祭りの“新しい華”として期待されるが、締め切りだった3月末までの応募は定員の4分の1以下にとどまり、実行委員会は締め切りの撤廃を決めた。「ギャルみこし」は全国各地の祭りで取り入れられているが、地方都市では人集めで苦戦を強いられているようだ。

 草津宿場まつりは昭和44年に始まり、メーン行事の時代行列が楽しめる湖国の春の恒例イベント。だが、マンネリ感もあったため、草津市などでつくる実行委は昨年初めて「来恋(こいこい)みこし」を企画し、女性30人を募集した。

 ところが、この名称が「恥ずかしい」と不評で、締め切りを約2週間延長してようやく29人を集めた。今年は名称を「来来みこし」に改めて期待をかけたが、締め切りの3月末では定員30人に対し、応募はわずか7人。7日午前現在でも9人にとどまっている。このため実行委は、締め切りを撤廃し、ぎりぎりまで募集を続けることにした。

 若い女性がはっぴ姿で練り歩く行事は、大阪の夏の風物詩、天神祭に合わせて地元商店街で行われる「ギャルみこし」が有名。担当者によると、定員70人に対して毎年200人程度の応募がある“買い手市場”で「参加者は関西全域から集まってくれる」という。

 だが、草津宿場まつりと同様に、地方のイベントでは人集めに苦心しているようだ。

 埼玉県寄居町の「よりい夏祭り」では20年以上前から女性みこしを続けているが、町人口は3万人余りで、毎年頭を悩ませる。事務局では、10回以上参加した人を表彰したり、一度参加した人に直接はがきを送ったりするなど、あれこれ工夫を凝らしており、「町ぐるみで盛り上げることが大切。役場の女性職員も積極的に参加している」という。

 草津市でも「若い女性がはっぴ姿で歩くのは恥ずかしいのかもしれないが、新しいまつりの名物にしたいという思いは変わらない」(市担当者)といい、「関心のある人は、まず連絡を」と呼びかけている。

 草津宿場まつりの女性みこしは、市外在住者も参加可能。問い合わせは実行委(TEL077・566・3219)へ。

風で車掌の帽子飛ぶ、拾ってる間に電車発車(読売新聞)
<若林元農相>議員辞職願を参院議長に提出(毎日新聞)
食卓崩壊に警鐘 「一日三食」概念消え…好きな物を好きな時間に(産経新聞)
全国78紙が同一広告掲載=新聞の媒体力をアピール(時事通信)
「首相にふさわしい」大差で舛添前厚労相(読売新聞)

calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
sponsored links
リンク
携帯ホームページ
クレジットカード現金化
審査 甘い キャッシング
アフィリエイト ホームページ
無料ホームページ
クレジットカード現金化
債務整理・自己破産
モバイル ホームページ
selected entries
archives
recent comment
  • <自民>16日に内閣不信任決議案提出方針固める(毎日新聞)
    カナ (08/27)
  • <自民>16日に内閣不信任決議案提出方針固める(毎日新聞)
    チュッパプス (06/14)
  • <自民>16日に内閣不信任決議案提出方針固める(毎日新聞)
    パトラッシュ (05/08)
  • <自民>16日に内閣不信任決議案提出方針固める(毎日新聞)
    とろろいも (01/17)
  • <自民>16日に内閣不信任決議案提出方針固める(毎日新聞)
    カドルト (01/11)
  • <自民>16日に内閣不信任決議案提出方針固める(毎日新聞)
    オリンキー (01/02)
  • <自民>16日に内閣不信任決議案提出方針固める(毎日新聞)
    タンやオ (12/28)
  • <自民>16日に内閣不信任決議案提出方針固める(毎日新聞)
    リョータ (12/24)
  • <自民>16日に内閣不信任決議案提出方針固める(毎日新聞)
    きんちゃん (12/16)
  • <自民>16日に内閣不信任決議案提出方針固める(毎日新聞)
    パイン (12/11)
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM